切らない包茎手術が仙台でも出来ますTOP

仮性包茎手術の必要性?

+++---+++

一般的に、体の悩みはどのように解決するのが普通なのでしょうか?医者に行くのか、自力で何とかするのか。やはり、悩みの内容次第でしょうか?私の場合、悩みが男性自身のことだったので、そうそう他人に相談することはできませんでした。1人で思い悩んで、ネットでこそこそと調べて、いろいろなことが書かれているのを見てまた悩んで。そんなことを何年もの間繰り返していたのです。 ネットで見る限り、包茎で悩んでいる人はかなり多そうです。しかし、それに対するアプローチの仕方も様々で、記事の内容が書く人によってまちまちなので、どれを信じたらよいのかとても迷います。悩んでいる本人が書いた物より、「こうしたらよい」というようなアドバイスの方がまちまちです。なので、その内容を頼りに何とかしようと考えると本当に困りました。


最初は「仮性包茎は治す必要は無い」という意見を信じました。しかし、いろいろトラブルがあったり、自分の気持ちの中で我慢できなくなったりして、治すべきだという考えに変わりました。「矯正器具で治せる」という意見に従った事もあります。でも、むきぐせはつかず、悩みだけが残りました。それで、結局「仮性包茎も治療した方がよい」という意見に従って、治療を真剣に考えるようになったのです。

仙台の七夕さん

+++---+++

仙台らしいものと言えば七夕さんですかね。この時期だとこれしか思い浮かびません。伊達政宗公の時代から続く夏の風物詩ですし、東北三大祭りの1つですから。とは言っても、青森のねぶたや秋田の竿灯のような動きのある祭ではないので、たまに観光客が「ちょっと期待外れ」などと言っているのを耳にします。仙台七夕は田の神を迎える行事で、ねぶたや竿灯のような神を送る行事。立場が違うので、その辺がきちんと理解されていないのは、市民として残念に思います。 七夕さんの特徴でもある絢爛豪華な笹飾りは、アーケードの各店舗が毎年数ヶ月かけて手作りしていて、中には数百万かけて作られている飾りもあるようです。短冊、紙衣、折鶴、巾着、投網、屑篭、吹流しの七つ飾りには、それぞれ願いが込められています。特に震災後は、祭全体に復興への願いや未来への希望、全国からの支援に対する感謝を込められているので、その辺の気持ちを観光客の人たちもきちんと受け止めてもらえたらうれしいと思います。


毎年、うちの近くの商店街では、8月4日の早朝、山から切り出されたばかりの巨大な笹が商店街の通路に並べられる「竹配り」の様子が見られます。私はその様子を見て初めて夏を実感します。特に去年は無理だろうと思っていた分、見られたときは本当にうれしかったですね。

包茎手術は受けたいけど切るのは怖い

+++---+++

私の場合仮性包茎でした。ネットにあれこれ書かれている意見に何度も惑わされ、悩みばかり大きくしていました。いろいろ試しましたが、どれもこれも自分には合わず、悩みだけがどんどんふくらんでいったのです。それで、最終的には包茎を治療するしかないと思ったわけですが、最初からすんなり気持ちが決まったわけではありません。治療を思い立った時点ではまだ切って縫う手術しか頭になかったので、自分で出した結論なのに「チンチンの皮、切って縫うのか……」と暗い気持ちになったものです。医者相手でもあんまり見せたい部位ではありませんし、皮を切って縫うなんて考えただけで痛そうだったからです。


それでも、日々の生活で不都合なことがいろいろあって、怖いとか何とかよりも現状を何とかしたいという気持ちの方が強かったので、不思議と治療を断念しようとは考えませんでした。しかし、一生に一度きりの手術だと思ったので、安易に考えてはいけないとも思いました。後悔の無いようにどこで治すかはきちんと選ばなければと思ったのです。


しかし、ネットで調べていくと、人気の包茎治療クリニックはほとんど東京に集中していて、そこの支店というか分院のようなものが地方にも作られているという感じでした。そして、腕のいい医者は東京にいて、同じ名前のクリニックでも地方の分院にはそれなりの先生しか来ないというのが現実だということがわかりました。 いくら大都市と言っても、仙台は「東北の」が頭に付きます。やっぱり東京まで行かなければダメかと思いかけたそのときでした。たまたま東京駅の八重洲口近くにある有名な「本田ヒルズタワークリニック」がもうすぐ仙台にも開院するといううわさを耳にしたのです。しかも、院長の本田医師自らが仙台まで来てカウンセリングや治療をしてくれるという話でした。これはありがたいと思いましたが、ただのうわさだったら困ります。そこで、本田ヒルズタワークリニックのホームページに書かれているフリーダイヤルに電話してうわさの真相を確かめてみました。すると、「まだ開院前ですが、その予定でいます」とのこと。開院したらすぐに診てもらうということで、カウンセリングの予約を取りました。


本田医師の場合、ネットなどで見る限りでは切らないで治療してくれることが多いようなので、何とか切らずに済めばいいなと思います。わざわざこちらから出向かなくても、日本一の技術を持った医者が向からやって来てくれるというのです。東京まで出向いて治療した後にこのことを知ったら、かなりショックだったでしょう。絶妙のタイミングでうわさを耳にしたので、これは「そこで治療しろ」という意味だったんだなと勝手に解釈し喜んでいます。

本田ヒルズ 東京駅前院について

+++---+++

本田ヒルズ 東京駅前院

総院長:本田昌毅
住所: 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-10 今井ビル4階A号室
電話: 0120-84-0836
「東京駅八重洲北口」徒歩2分。
カラオケBIGECHO向かい。


切らない仮性包茎の治療はこちらから